y's photograph cafe

今まで撮ってきたとりとめのない写真をランダムにアップするブログです♪




[No.2452]仁寺洞 #1

YPC02451.jpg
Nikon D40 + AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II



ソウルの中心部にある、伝統とアートが交錯する街、インサドン(仁寺洞)です。

インサドンは朝鮮王朝時代(1392年 - 1910年)には王宮に勤める両班たちが住む屋敷が立ち並んでいました。
今でも古い韓屋が多く残っています。
19世紀末には困窮した両班たちが伝来の品を売り払う店を開き、以来ソウル在住の外国人たちが訪れる骨董品売買の街となりました。

1988年のソウルオリンピック以降は観光地化が進み、外国から古美術買い付け目的の人だけでなく多くの一般観光客が訪れるようになりました。
一帯に残る韓屋を使って伝統茶を出す喫茶店やカフェ・レストランが開店し、現代美術やデザインを扱うギャラリーなども増加し、伝統とアートが交錯する街として大いに賑わいを見せています。



2008.12.13 ソウル 仁寺洞




スポンサーサイト

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真









コメント
この記事へのコメント


コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ読んでもらう
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Copyright(C) y's photograph cafe All rights reserved.

管理室 /

FC2Ad

/ / Temp by ZacTV.net